×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カードローンの利用にあたって

カードローンは、銀行系や金融会社からの基本的に無担保で、本人の信用情報に応じたスピーディーな貸付を行う融資のことです。基本的に借りたお金の使い方は指定されておらず、何に使っても構わないフリーローンの代表例です。

 

カードローンはフリーローン

利息の表記としては年率なのですが、計算としては1日ずつで行うということも特徴です。利用期間が少ない場合には、低金利で返済することができます。

 

借入方法としては、インターネットのホームページなどからキャッシングの申請ができるようになっています。今ではスマートフォンアプリも出てきているので、ますます場所や時間を問わず利用しやすくなりました。年会費やカードにかかる発行手数料などは発生せずに、契約を手軽にできるようになっています。

 

借り入れにあたっての審査としては、一般的にネットの場合でも店頭申し込みとほとんど変わりはありません。キャンペーンなどを行なっている場合、融資条件としても店舗手続きよりもよい条件のところもあります。

 

成人した20歳以上の人から70歳くらいまでのさまざまな年齢層の人たちに利用されています。調査によるといままでキャッシングを利用したことがある成人の人は60%以上もいるという調査もあるくらいです。調査によるとキャッシング利用の目的として、男性は生活費や交際費、女性は服や化粧品の購入のため、生活費の足しといった具合です。

 

しかし、カードローンの利用の仕方として、最もお勧めで人気も高いのが金利負担ゼロ円期間があるカードローンです。ちょっとした短い期間にだけ利用することで、利息が全くかからない賢い使い方です。しかし普通の消費者金融などでお金を借りる場合にでも、給料日までの5日間を乗り切ろうというのであれば、融資を受けるのは5日間の日割り計算で利息も少額になります。

 

しかし、金利手数料は借りる金額が少ないとどうしても高くなる計算になるので、金利が掛からないキャンペーンを行っているところで融資を受けるのが最も負担が少なくすみます。

 

消費者金融と闇金融とは天と地ほどの差がある!

カードローンは、よく考えて借りないと「返済できなくなってしまうような金額」を借りてしまうことになります。手軽にお金を借りたい人たちが多いですが、そういう人たちの弱みにつけこんで利益を得る闇金融という人たちも密かにねらっているのです。

 

闇金融と消費者金融をごっちゃにしている人もいますが、この両者は同じお金を貸してくれるところですが、その実態はまるで違います。

 

極論でいえば、闇金融は犯罪組織です。法定金利なんかくそ食らえ!という利子でお金を無条件で貸し付け、返済に困る人をまた同業の闇金融に紹介したり、時には乱暴な手段での取り立てをしてくる連中です。

 


闇金ウシジマくんの世界は、本当に存在しているのです。

 

実際の闇金がどういうものか知らないのであれば、上記の動画をご覧下さい。ドラマなので見やすくなっていますが、それでも闇金の怖さが垣間見れます。

 

一度でもこうした連中と関わってしまうと、あなたの人生をめちゃめちゃにされる危険があるので、もしカードローンを利用するときには闇金融ではなくコマーシャルを放送しているようなカードローンを利用してくださいね。

 

安心して使える消費者金融の見分け方

大手の消費者金融であれば、街中に無人契約機が設置してあります。一時期、むじんくんという愛称で広まった記憶がある人もいるのではないでしょうか。

 

そうした無人機を設置するのにもお金がかかりますし、維持管理にもお金がかかります。そうした費用を捻出できる大手であるかどうか?というのも、消費者金融を選ぶ際の一つの指標にもなります。

 

事実、無人機を設置しているキャッシング会社の多くがテレビCMを放送しているので、「無人機のある・なし」は安心度・信用度を計るひつとの指標として捉える事もできます。

 

無職なのにお金を貸してくれるのは良い業者?悪い業者?

無職でのキャッシングは闇金との関わりを持つ危険な行為

 

よく耳にする闇金融。その実態は、無職でキャッシングをする事と、深い関係があります。というのも、無職(=無収入)という状態は、基本的にキャッシングを利用する事はできないのに、それでも融資をしてくれるという甘い話に罠が仕掛けられているからです。

 

そもそも闇金融とはどういったものをいうのでしょうか?基本的には、金融業者としての正式な登録をしていない・違法な金利を設定して融資と取立てをしている業者の事をいいます。ただし、多くの人が闇金融の存在を知っているはずなのに、どうして関わりを持ってしまう人が出てくるのでしょうか?

 

それは先述した、無職でのキャッシングが不可能な事と関係があります。
無職の状態でも、突然まとまったお金が必要になる事があります。そういった場合は急いでいるため、冷静な判断力を欠き、焦って頭を抱えているところへ無職でも多額のお金を今すぐ用意できますよという、甘い言葉を出されついつい利用してしまう、というパターンが多いようです。

 

しかし、闇金融は単に正式な登録をしていないだけでなく、暴力団などの非合法組織の傘下であることも多々あります。違法な高金利の設定に止まらず、その期日や取立て方法も厳しいものとなります。もともと違法に営業しているので、法律で定められている取立て方法に準ずるはずもありません。本人だけでなく、周りの人も巻き込まれる可能性も大きいでしょう。

 

違法な取り引きの状態では法律も債務者を守れませんし、ましてや無職の状態では、高い利息を含めた金額を返す事は難しく、とりあえず他の会社からキャッシングをしてお金を用意することもできません。

 

自己破産や任意整理といった方法も、法律の元での借金なら最終的な手段として有効ですが、闇金融相手では効果が無い場合もあります。闇金融は示されている住所がダミーであることも少なくなく、正確な情報を必要とする弁護士も力になれない事もあるようです。

 

こうした実態があるにもかかわらず、無職でお金が無いという切迫した状況下では、闇金融を利用してしまう、人間の心理が少し怖く感じますね。

お金を借りるのは悪いことじゃない!?

怪しむ女性

どんなニュースやドラマを見ても人間関係のトラブルの原因は大抵お金が多い。

 

けれども消費者金融はそんなドロドロしたお金のイメージを払拭するかのよう、いつも綺麗な人気女優を登場させたCMを制作。

 

返って何か裏があるのではないか、そんなことを考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

けれどもキャッシングは悪いことではないとの意見が近年登場するようになりました。

 

なぜなら財政破綻する国家や企業が堂々とお金を借りている資本主義まっしぐらのこの社会。なぜ個人となると後ろめたいイメージになるのか、そんなことを考えてみれば確かに、それもそうだと頷けるのではないでしょうか。

 

そこで今回は生活は苦しいがどうもキャッシングは信用できない、そんな方のために安心なカードローンキャッシングについて考えてみたいと思います。

 

安心して利用できる条件って?

まずカードローンのハードルを上げていることの原因は金利です。

 

金利について簡単に説明すると、貸してもらったお金の手数料として収めなければならない割合と言えます。

 

貸した側の立場を踏まえて説明すると「お金を貸してあげることがサービスだ、その分お金を別にちょうだいね」ってことです。

 

つまりあまりにも金利が高いといつの間にか借りた額がぶくぶくと膨れてしまい、しまいには返済不可、怖い人たちが家まできちゃうということになってしまいます。(※現実には、ごく普通のカードローンを利用していれば、怖い人たちが出てくることはありませんが、ものの例えです。)

 

こんなことを避けるためには誰もが信頼できる消費者金融、銀行などを探すことです。その方法は簡単です。

 

信頼の高い金融機関には称号というものがあるのです。つまりこの称号さえ確認できれば安心してキャッシングをすることができるのです。

 

それは貸金業者の登録番号です。都道府県知事や財務局に申請をしないともらえない番号で、[大阪府知事(1)第542197号]のようなものです。

 

財務局のホームページで誰でも登録番号の検索ができるので、ここに出てくる業者はきちんと届出をしている真っ当な業者だといえます。

 

友達が借りていたからと安易に信用せず、確かな情報をもとにカードローンを安心して利用してくださると幸いです。